希薄化

株式公開用語辞典の解説

希薄化

時価発行増資新株予約権の行使等による新株発行によって、発行済株式総数が増加し、一株当たり当期純利益(EPS)等の減少をもたらす事を意味し、既存株主の利益を侵す事にもなりかねません。新株発行等により増資等をおこなう場合、既存株主への資金使途等の説明義務を果たすよう留意する必要があります。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

希薄化の関連情報