希薄化

株式公開用語辞典の解説

希薄化

時価発行増資新株予約権の行使等による新株発行によって、発行済株式総数が増加し、一株当たり当期純利益(EPS)等の減少をもたらす事を意味し、既存株主の利益を侵す事にもなりかねません。新株発行等により増資等をおこなう場合、既存株主への資金使途等の説明義務を果たすよう留意する必要があります。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

希薄化の関連情報