コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帥升 すいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帥升 すいしょう

?-? 2世紀前半の倭国の王。
後漢書」安帝紀東夷伝の条によれば,永初元年(107)朝貢し,生口(せいこう)(奴隷か)160人を献上したという。このとき倭国王であったとする説,面土国(北部九州にあった国)国王説などがある。師升(ししょう)ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

帥升

生年:生没年不詳
2世紀初めの倭国の王。師升とも書く。帥升(師升)は個人名でなく首長の称号か。『後漢書』安帝紀と倭伝によると,永初1(107)年帥升らが生口(奴婢か)160人を連れて朝貢したという。帥升は北宋版『通典』によれば倭の面土国の王とあり,3世紀の伊都か,末盧に当たる,今の北部九州にあった国の支配者であろう。北部九州のいくつかの国の首長=王たちが政治的な提携をして共同で中国との外交を始め,そのひとり帥升が使者となったこと,倭国は朝貢物となる生口がいた階層社会であったことがわかる。

(鈴木靖民)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android