コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通典 つてん Tong-dian; T`ung-tien

8件 の用語解説(通典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通典
つてん
Tong-dian; T`ung-tien

中国,唐の杜佑 (とゆう) の著わした制度史の書。 200巻。食貨 (巻1~12) ,選挙 (巻 13~18) ,職官 (巻 19~40) ,礼 (巻 41~140) ,楽 (巻 141~147) ,兵 (巻 148~162) ,刑 (巻 163~170) ,州郡 (巻 171~184) ,辺防 (巻 185~200) から成立している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つう‐てん【通典】

すべての場合に通じる法則。
つてん(通典)

つてん【通典】

《「つでん」とも》中国の制度史書。200巻。唐の杜佑(とゆう)撰。801年成立。の時代から代に及ぶ歴代の法律や制度の沿革を、食貨・選挙・職官・礼・楽(がく)・兵・刑・州・辺防の9部門に分け、史料によって記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通典【つてん】

中国の政治・制度史書。唐の杜佑(とゆう)撰。200巻。上古から8世紀(唐の天宝年間)までの故実を,食貨・選挙・職官・礼・楽・兵・刑・州郡・辺防の9部門に分類して編纂(へんさん)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つてん【通典 Tōng diǎn】

中国,上古から唐の玄宗朝の天宝年間(742‐756)までの諸制度を沿革的に通観した政書。200巻。唐の杜佑撰。劉知幾の子の劉秩が開元末に作った《政典》35巻を増補訂正したもので,約30年の歳月を費やして801年(貞元17)に完成したという。内容は食貨12巻,選挙6巻,職官22巻,礼100巻,楽7巻,兵15巻,刑8巻,州郡14巻,辺防16巻の8門からなる。財政経済史ともいえる食貨門を首位におき,選挙,職官をこれに続ける分類配列は,礼法とか天地とかを首位においてきた従来の価値観を一変させた新機軸であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つうてん【通典】

一般に通用する規則。 → つてん(通典)

つてん【通典】

中国、上古から唐の天宝年間(742~756)に至るまでの制度史。二〇〇巻。唐の杜佑とゆう撰。801年頃成立。食貨・選挙・職官・礼・楽・兵・刑・州郡・辺防の九部門に分類。三通また九通の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通典
つてん

中国歴代の制度を通観した書。「つでん」とも読む。唐の杜佑(とゆう)の著で全200巻。上古から唐の玄宗(在位712~756)朝ころまでの制度を、食貨典(財政)、選挙典(官吏任用)、職官典(官制)、礼典(儀礼)、楽典(楽制)、兵典(兵制)、刑典(刑法)、州郡典(行政地理)、辺防典(外国)の九部門に分類して記してある。制度史研究上不可欠の書で、とくに隋(ずい)・唐の部分は史料的価値が高い。本書には杜佑の進歩史観が反映しているという。宋(そう)の鄭樵(ていしょう)『通志(つうし)』、元の馬端臨(ばたんりん)『文献通考(ぶんけんつこう)』とあわせて三通とよぶ。[谷川道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の通典の言及

【九通】より

…中国,書名に通の字を持つ9種類の制度中心の百科全書集。唐の杜佑(とゆう)の《通典(つてん)》,宋の鄭樵の《通志》,元の馬端臨の《文献通考》は,性格は違うが歴代の制度沿革を知るに有用な書で三通と呼ばれてきた。清の乾隆帝は1747年(乾隆12),67年にそれぞれ〈皇朝〉と〈欽定続〉の名を冠した《文献通考》《通典》《通志》6種を勅撰,これらが一括して九通といわれるが,実録,会典などにくらべ,二次史料的でかつ膨大なため,あまり使われない。…

【粘葉装】より

…宋時代の刊本装丁の代表的なものである。刊行当時そのままの原装本はほとんど残っていないが,天理図書館所蔵の《通典》(南宋版,重要文化財)は原装本のおもかげを伝えるもの。日本の例では,高野版《十住心論》(1255刊),浄土教版《西方要決釈疑通規》(鎌倉中期刊)などがある。…

※「通典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通典の関連キーワード洪昇高力士唐六典楊国忠玄元皇帝南華真人文宣王唐の紙呉筠司馬承禎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通典の関連情報