コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯鉸 たいこう

1件 の用語解説(帯鉸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯鉸
たいこう

帯金具の一種。北朝鮮の楽浪地区石岩里第9号墳から,1915年に発掘された細金細工のある竜文様の帯 鉸が特に有名。黄金板に大小8匹の竜を半肉に打出し,細金細工で細部を写し,一部に緑色の宝石を嵌装している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帯鉸の関連キーワード北朝鮮帯金鉸具延白平野北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル北朝鮮と朝鮮総連

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone