細金細工(読み)ほそきんざいく(英語表記)filigree

翻訳|filigree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「細金細工」の解説

細金細工
ほそきんざいく
filigree

金や銀の細線よりして細工すること。装身具に多くみられる。金や銀は軟らかで線条にできるため,それをよじって平らにした細線で文様をつくり,それを交互に鑞付けで溶着し,造形して細工物に仕立てる。偽粒金ともいう。古くエジプト第 12王朝時代に出現し,ギリシアエトルリア発達し,中国では漢代に優品がみられる。また朝鮮,楽浪出土の帯金具や新羅古墳出土の耳飾りは精緻な作品。その影響で,日本では古墳時代に耳飾りが渡来し,出土している。平安時代以降,太刀 (こしらえ。太刀の柄,,鐔の総称) に兵庫鎖という金銀の細線を用いた細工がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「細金細工」の解説

細金細工【さいきんざいく】

金銀を細い糸状あるいは細粒にし,地板に鑞付(ろうづけ)した繊細な金属装飾品。さらにガラス玉,宝石を付けたものもある。源流はエジプト第12王朝にあり,ギリシア,エトルリアの作品は有名。この技法インド,中国,朝鮮を経て日本に伝わり,古墳出土の耳飾などにみられる。その後長くとだえたが,江戸時代に中国から別に技法を伝え,九州の平戸では平戸細工として盛行した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「細金細工」の解説

さいきん‐ざいく【細金細工】

〘名〙 金銀やの可伸性を利用し、その細線の微粒で宝飾とした細工。古く、エジプト、ギリシア、イタリアや中国の漢代などに行なわれた。日本の古墳の副葬品にも、飾環付耳飾りが発見されることがある。ほそがねざいく。細線細工フィリグリー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の細金細工の言及

【細線細工】より

…金銀の延びる性質を利用して細い糸状や粒子とし,地板に鑞付(ろうづけ)して装飾的効果を高める貴金属工芸の技術。細金細工(さいきんざいく∥ほそがねざいく)ともいう。イタリア語filigranaに由来する英語のfiligreeの訳。…

【細線細工】より

…金銀の延びる性質を利用して細い糸状や粒子とし,地板に鑞付(ろうづけ)して装飾的効果を高める貴金属工芸の技術。細金細工(さいきんざいく∥ほそがねざいく)ともいう。イタリア語filigranaに由来する英語のfiligreeの訳。…

※「細金細工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android