帰属利子(読み)きぞくりし(英語表記)imputed interest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰属利子
きぞくりし
imputed interest

銀行業の生産額を定義するための特殊な帰属計算で,銀行の受取利子および受取配当と支払利子の差額をいう。利子は主として他産業の付加価値から支払われたものであるから,それを再び生産として取上げることは二重計算になるが,この計算がなければ銀行業の生産額が手数料だけの非常に小さな,その産業活動の実態に合わないものとなり,負の営業余剰を生じるなどかえって不合理なことになる。したがって銀行業の生産額はこの帰属利子と手数料の合計である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きぞくりし【帰属利子】

金融機関の生産額を定義するための国民経済計算上の特殊な帰属計算項目。金融機関の受取利息と支払利息との差額で定義される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android