コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰属計算 きぞくけいさんimputation

翻訳|imputation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰属計算
きぞくけいさん
imputation

国民経済計算上の特殊な概念で,当該財貨・サービスの提供ないし享受に際して,実際にはその対価の受払いが行われなかったにもかかわらず,それがあたかも行われたかのようにして擬制的取引計算を行うことをいう。代表的な例としては,(1) 自己生産物の自己消費や投資,(2) 自己所有住宅帰属家賃,(3) 金融機関の帰属サービス,(4) 医療の社会保険分などがある。帰属計算の範囲は国民経済計算上の約束として決っており,その範囲を広げれば,計数はNNWのような指標に近づいていく。 (→帰属利子 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

帰属計算の関連キーワード雇用者所得

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android