常岡良三(読み)つねおか りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常岡良三 つねおか-りょうぞう

1879-1944 明治-昭和時代前期の細菌学者。
明治12年7月生まれ。日露戦争軍医として従軍。大正12年京都府立医大教授,のち同大学長をつとめた。インフルエンザ病原体,腸チフス菌保菌者の研究などで知られる。昭和19年4月27日死去。66歳。三重県出身。京都府医学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android