コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐黄櫨 トキワハゼ

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐はぜ〔ときは‐〕【×磐黄櫨】

ゴマノハグサ科の一・二年草道端に生え、地をはう枝は出さない。高さ約10センチ。葉は倒卵形。春から秋、淡い紅紫色の花を開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときわはぜ【常磐黄櫨】

ゴマノハグサ科の一、二年草。庭や道端に生える。高さ10センチメートル 内外。サギゴケに近縁だが、地をはう枝を出さず花が小さい。春から秋にかけて、茎先に淡紫色の小花がまばらに咲く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常磐黄櫨の関連キーワードゴマノハグサ科サギゴケ淡紫色近縁小花

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android