常陸宮妃華子(読み)ひたちのみやひ はなこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸宮妃華子 ひたちのみやひ-はなこ

1940- 昭和後期-平成時代,常陸宮正仁(まさひと)親王の妃。
昭和15年7月19日生まれ。もと伯爵津軽義孝の4女。昭和39年結婚。日本赤十字社名誉副総裁,日本動物福祉協会名誉総裁。学習院女子短大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸宮妃華子の関連情報