常陸宮正仁(読み)ひたちのみやまさひと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常陸宮正仁
ひたちのみやまさひと
(1935― )

昭和天皇の第二皇子。結婚までの称号は義宮(よしのみや)。昭和10年11月28日生まれ。1958年(昭和33)学習院大学理学部卒業。1964年9月30日津軽華子(はなこ)(1940― )と結婚し常陸宮家を創立した。がん研究会がん研究所の名誉総裁として魚類の癌(がん)の研究を続けている。日本肢体不自由児協会、発明協会、日本鳥類保護連盟などの総裁を務める。[小田部雄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android