コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸宮正仁 ひたちのみやまさひと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常陸宮正仁
ひたちのみやまさひと
(1935― )

昭和天皇の第二皇子。結婚までの称号は義宮(よしのみや)。昭和10年11月28日生まれ。1958年(昭和33)学習院大学理学部卒業。1964年9月30日津軽華子(はなこ)(1940― )と結婚し常陸宮家を創立した。がん研究会がん研究所の名誉総裁として魚類の癌(がん)の研究を続けている。日本肢体不自由児協会、発明協会、日本鳥類保護連盟などの総裁を務める。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常陸宮正仁の関連情報