幣を(読み)ミテグラヲ

デジタル大辞泉の解説

みてぐら‐を【幣を】

[枕]みてぐらを神前に並べる意から、「奈良」にかかる。
「―奈良より出でて」〈・三二三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みてぐら‐を【幣を】

みてぐらを並べる意で「並ぶ」と同音を含む地名「奈良」にかかる。
※万葉(8C後)一三・三二三〇「帛叱(みてぐらを) 奈良より出でて 水蓼 穂積に至り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android