コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幣を ミテグラヲ

デジタル大辞泉の解説

みてぐら‐を【幣を】

[枕]みてぐらを神前に並べる意から、「奈良」にかかる。
「―奈良より出でて」〈・三二三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みてぐらを【幣を】

( 枕詞 )
〔みてぐらを神前に並べることから、「ならぶ」と同音の「奈良」にかかるという説がある〕
「奈良」にかかる。 「 -奈良より出でて/万葉集 3230

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幣をの関連キーワードアメノフトダマノミコト(天太玉命)アメノヒワシノミコト(天日鷲命)住吉神社(福岡市)大幣神事[宇治]一代一度の奉幣貴船祭[真鶴]バクサルの戦い紙幣本位制度予備的動機御阿礼神事銀本位制度大鳥神社佗鉢可汗貨幣経済塩竈神社枚岡神社取引動機所得動機物物交換三嶋大社

幣をの関連情報