コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平住専庵 ひらずみ せんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平住専庵 ひらずみ-せんあん

?-? 江戸時代中期の儒者。
大坂で医業をいとなむ。本草学にも通じ,享保(きょうほう)4年(1719)「唐土訓蒙図彙(もろこしきんもうずい)」,宝暦7年(1757)「袖珍(しゅうちん)本草雋(しゅん)」を刊行。中国の故事をまとめた「分類故事要語」や戦記物「前々太平記」もかいている。伊予(愛媛県)出身。名は周道。別号に建春山人,橘墩,静斎。専安ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平住専庵の関連キーワード一全流儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android