袖珍(読み)しゅうちん

精選版 日本国語大辞典「袖珍」の解説

しゅう‐ちん シウ‥【袖珍】

〘名〙
① 袖(そで)の中にはいるほどの小型のもの。ポケット型のもの。書籍についていい、多く他の語と複合して用いる。
洒落本自惚鏡(1789)武ざ「どんぶりの中からしふちんぶかんと年代記をおとし」
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉九八「から袖珍(シウチン)の或医書を取り出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「袖珍」の解説

しゅう‐ちん〔シウ‐〕【袖珍】

そでに入るくらいに小型なもの。ポケット型のもの。「袖珍版の単語集」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android