袖珍(読み)しゅうちん

精選版 日本国語大辞典「袖珍」の解説

しゅう‐ちん シウ‥【袖珍】

〘名〙
① 袖(そで)の中にはいるほどの小型のもの。ポケット型のもの。書籍についていい、多く他の語と複合して用いる。
※洒落・自惚鏡(1789)武ざ「どんぶりの中からしふちんぶかんと年代記をおとし」
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉九八「懐から袖珍(シウチン)の或医書を取り出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「袖珍」の解説

しゅう‐ちん〔シウ‐〕【袖珍】

そでに入るくらいに小型なもの。ポケット型のもの。「袖珍版の単語集」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「袖珍」の解説

【袖珍】しゆう(しう)ちん

小型の本。〔書林清話、四〕(広勤堂刻万宝詩山)、王聞の孝堂書目に載す。宋袖珍本と云ふ。

字通「袖」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android