コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平内応勝 へいのうち まさかつ

2件 の用語解説(平内応勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平内応勝 へいのうち-まさかつ

1632-1683 江戸時代前期の大工。
寛永9年生まれ。平内政信の子。幕府作事方の大棟梁(とうりょう)をつとめた平内家の2代目。大隅守(おおすみのかみ)を称した。日光大猷院霊廟,上野厳有院霊廟などをたてた。天和(てんな)3年4月10日死去。52歳。名は正勝ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平内応勝

没年:天和3.4.10(1683.5.6)
生年:寛永9(1632)
江戸前期の大工。平内正信の子。幕府作事方大棟梁を務めた平内家2代目。正勝とも記し,大隅守を称す。慶安2(1649)年日光大猶院霊廟,天和1(1681)年上野厳有院霊廟の大棟梁。応勝の後半生は,幕府の作事が新築から維持修理へと転換される時代に当たった。平内家が属した作事方は新築工事を担当したが,一方,小修理を担当する小普請方があり,寛文期(1661~73)を境にして両者の工事数が逆転して,小普請方が作事方を凌駕した。平内家は作事方大棟梁の職を幕末まで継承するが,応勝は大棟梁が華々しく活躍する時代の最後を飾った。<参考文献>伊藤要太郎『匠明五巻考』,伊藤要太郎校訂『匠明』

(谷直樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

平内応勝の関連キーワード算額平内応勝稲葉氏ポーランド史グスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフ小田原藩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone