コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲良宗広 こうら むねひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲良宗広 こうら-むねひろ

1574-1646 織豊-江戸時代前期の大工。
天正(てんしょう)2年生まれ。寛永9年(1632)江戸幕府の作事方大棟梁(とうりょう)となる。以降,甲良家は大棟梁を世襲唐様(からよう)(禅宗様)建築を得意とし,日光東照宮を改築,寛永寺五重塔などを造営し,のちの神社建築におおきな影響をあたえた。正保(しょうほ)3年3月17日死去。73歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名ははじめ小左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

甲良宗広

没年:正保3.3.17(1646.5.2)
生年:天正2(1574)
江戸初期の大工。近江国(滋賀県)犬上郡甲良庄法養寺村生まれ。幼名は小左衛門。近衛家の門の造営の功により従六位左衛門尉を,京都の吉田神社造営の功により豊後守を許されたという(『甲良家由緒書』)。しかしこの京都時代については他に資料がなく,裏付けることができない。慶長9(1604)年に江戸に下り,寛永9(1632)年から江戸幕府作事方大棟梁を勤める。確認できる最初の仕事は増上寺台徳院霊廟(1632)で,以後,日光東照宮(1636),寛永寺五重塔(1639)など多くの作品を手がけた。代表作の日光東照宮は,色彩と彫物を豊富に用い,建築史上にひとつの画期をなしたもので,以後の神社建築のデザインに大きな影響を与えた。また,その子孫が明治維新に至るまで11代にわたって幕府作事方大棟梁を勤め,幕府建築の主要な作品を担当した。

(西和夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうらむねひろ【甲良宗広】

1574‐1646(天正2‐正保3)
江戸初期に日光東照宮造営などで活躍した大工。近江国犬上郡甲良庄法養寺村に生まれた。幼名は小左衛門。《甲良家由緒書》によると近衛家の門の造営の功により従六位左衛門尉を,吉田神社造営の功により豊後守を許されたというが,この京都時代については他に資料がなく裏付けることができない。1632年(寛永9)から江戸幕府作事方大棟梁を勤める。確認しうる最初の仕事は台徳院霊廟(1632)で,以後,日光東照宮(1636),寛永寺五重塔(1639)など多くの作品を手がけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうらむねひろ【甲良宗広】

1574~1646) 江戸幕府作事方大棟梁。近江の人。豊後守。芝の台徳院廟、寛永造替の日光東照宮などの建築で知られる。甲良家は、建仁寺流を伝える工匠の家系。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲良宗広
こうらむねひろ
(1574―1646)

江戸初期の工匠。近江(おうみ)国甲良庄(しょう)出身。幼名小左衛門。建仁寺(けんにんじ)流を称し、禅宗様建築を得意とする。伏見(ふしみ)城、近衛(このえ)家門、吉田神社などの造営に参画、豊後守(ぶんごのかみ)の称を許されたので、甲良豊後の呼称でも知られる。1604年(慶長9)江戸に上り、徳川家康・秀忠(ひでただ)・家光(いえみつ)に重用され、幕府作事方大棟梁(だいとうりょう)を勤める。芝増上寺三門、鎌倉鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)、増上寺台徳院霊廟(れいびょう)、日光東照宮、寛永寺(かんえいじ)五重塔などの造営にあたる。隠居後は道賢を号し、故郷で病没した。[天田起雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甲良宗広の関連キーワード建仁寺流家系

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android