コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平打ち ヒラウチ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐うち【平打ち】

ひもを平たく編むこと。また、そのひも。平打ち紐(ひも)。→丸打ち
金属を打って平たく延ばすこと。また、その金属。
かんざしの一。銀などを平たく打って、花鳥などを透かし彫りにしたもの。
刀の側面、すなわち鎬(しのぎ)の部分で打つこと。
手のひらで打つこと。平手で打つこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらうち【平打ち】

金属などを平たく打ちのばすこと。また、そうしたもの。
ひもを平たく編むこと。また、そのひも。
かんざしの一種。銀などで平たく作り、家紋や花鳥を透かし彫りにしたもの。 →
刀の刃の側面で打つこと。 〔日葡〕
手のひらで打つこと。平手打ち。
調理する材料の形のまま、平らに串を打つこと。平串ひらぐし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平打ちの関連キーワードベビースタードデカイラーメンベビースタードデカイ焼そば棊子麺/碁子麺平帯・褶・枚帯喜多方ラーメン佐野ラーメン尾道ラーメン高山ラーメン帯留め・帯留ひも(紐)名護屋帯かんざしきしめん亀甲打ち芋川饂飩うどん刀削麺棊子麺しのぎフォー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平打ちの関連情報