コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平打ち ヒラウチ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐うち【平打ち】

ひもを平たく編むこと。また、そのひも。平打ち紐(ひも)。→丸打ち
金属を打って平たく延ばすこと。また、その金属。
かんざしの一。銀などを平たく打って、花鳥などを透かし彫りにしたもの。
刀の側面、すなわち鎬(しのぎ)の部分で打つこと。
手のひらで打つこと。平手で打つこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらうち【平打ち】

金属などを平たく打ちのばすこと。また、そうしたもの。
ひもを平たく編むこと。また、そのひも。
かんざしの一種。銀などで平たく作り、家紋や花鳥を透かし彫りにしたもの。 →
刀の刃の側面で打つこと。 〔日葡〕
手のひらで打つこと。平手打ち。
調理する材料の形のまま、平らに串を打つこと。平串ひらぐし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平打ちの関連キーワードベビースタードデカイラーメンベビースタードデカイ焼そば棊子麺/碁子麺喜多方ラーメン平帯・褶・枚帯佐野ラーメン尾道ラーメン高山ラーメン帯留め・帯留ひも(紐)芋川饂飩きしめん亀甲打ちかんざし名護屋帯しのぎ刀削麺フォー棊子麺うどん

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平打ちの関連情報