コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平江図碑 へいこうずひPing-jiang-tu bei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平江図碑
へいこうずひ
Ping-jiang-tu bei

中国,宋代の石碑で,平江 (蘇州) の地図が彫刻されている。蘇州の地図としては現存する最古のもので貴重な都市資料。平江府図碑ともいう。平江は春秋時代末期の呉国の首都で,江南平原の南北交通の要所にある。紹定2 (1229) 年に,蘇州の郡守・李壽朋が未刊であった『呉郡志』を増補して出版させ,その事業の記念碑として建立されたとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android