コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平盛兼 たいらの もりかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平盛兼 たいらの-もりかね

?-? 平安時代後期の武人。
鳥羽院につかえ,検非違使(けびいし),和泉守(いずみのかみ)などを歴任。久安3年(1147)平清盛がひきおこした祇園社頭闘乱事件がきっかけではじまった延暦寺強訴に対する防備を命じられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平盛兼

生年:生没年不詳
平安末期の武将。桓武平氏兼季の子。検非違使,和泉守などを歴任。久安3(1147)年,鳥羽院より,平清盛の祇園社頭闘乱事件に対する延暦寺強訴の防御に動員される。久寿2(1155)年には子の信兼の暴行により左大臣藤原頼長に名簿を提出(従属を誓う証し)したが,保元の乱直前には頼長と対立する鳥羽院の御所の警備に参加し,信兼も後白河方であった。

(元木泰雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平盛兼の関連キーワード平信兼武人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android