平賀 敏(読み)ヒラガ サトシ

20世紀日本人名事典の解説

平賀 敏
ヒラガ サトシ

明治・大正期の実業家 阪神急行電鉄社長。



生年
安政6年8月13日(1859年)

没年
昭和6(1931)年1月14日

出生地
江戸・駿河台

学歴〔年〕
慶応義塾正科〔明治14年〕卒

経歴
旗本平賀勝足の4男。明治15年静岡師範教諭、22年宮内省官吏となり、大正天皇の東宮時代の御養育係を経て、29年三井銀行に入行し、本店課長。名古屋支店、大阪支店の各支配人を務め、40年退職し、小林一三と共に箕面有馬電気鉄道(大正7年阪神急行電鉄と改称)を創立。その後、桜セメント社長、播磨水力電気取締役などに就任。明治43年大日本製糖の窮状暴露で経営危機に陥った藤本ビルブローカー銀行の会長となり、同行の整理にあたった。また阪神急行電鉄社長、日本簡易火災保険社長、山陽中央水電社長などを歴任し、関西財界で重きをなした。大正14年財界を引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

平賀 敏 (ひらが さとし)

生年月日:1859年8月13日
明治時代;大正時代の実業家。日本簡易火災保険社長
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android