コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林一三 こばやしいちぞう

7件 の用語解説(小林一三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林一三
こばやしいちぞう

[生]1873.1.3. 山梨,韮崎
[没]1957.1.25. 大阪,池田
実業家。 1892年慶應義塾卒業。翌 1893年三井銀行に入社したが 1907年退社,同年箕面有馬電気軌道 (現阪急電鉄 ) の設立に参加して専務に就任,以後鉄道沿線の宅地開発,娯楽施設の設置により路線を新設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐いちぞう〔‐イチザウ〕【小林一三】

[1873~1957]実業家。山梨の生まれ。阪急電鉄・宝塚少女歌劇・東宝映画を創立。政界にも進出し、商工相・国務相を歴任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小林一三【こばやしいちぞう】

実業家。山梨県出身。慶応義塾卒。三井銀行員を経て箕面有馬電鉄(阪急電鉄の前身)の創業に関与。以来電鉄・電力界で活躍,東京電灯会社社長にもなった。また宝塚歌劇団東宝を育てあげ興行界でも成功。
→関連項目大谷竹次郎菊田一夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林一三 こばやし-いちぞう

1873-1957 明治-昭和時代の実業家。
明治6年1月3日生まれ。40年箕面(みのお)有馬電気軌道(現阪急電鉄)の創立にかかわり,専務,のち社長。沿線の宅地開発,宝塚少女歌劇団の創設,大阪梅田のターミナルデパート開設など独創的な多角化戦略を展開。また東京宝塚劇場や東宝映画を創立。第2次近衛(このえ)内閣の商工相,幣原(しではら)内閣の国務相。公職追放解除後は東宝社長。大阪,東京にコマ劇場を設立。昭和32年1月25日死去。84歳。山梨県出身。慶応義塾卒。
【格言など】すべての事業の対象は大衆であり,どんな仕事の末端も大衆につながっている

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こばやしいちぞう【小林一三】

1873‐1957(明治6‐昭和32)
都市近郊私鉄経営の先駆者。山梨県に生まれる。1892年慶応義塾を卒業後三井銀行に入社したが,1907年初めに辞職,同年10月,箕面有馬電気軌道(1918年阪神急行電鉄と改称,現阪急電鉄)を創設して専務となり,27年に社長に就任した。この間,乗客誘致のため沿線で住宅地を分譲し,宝塚には遊園地を開いて宝塚少女歌劇団をおこし,さらに梅田のターミナルビルでデパートを経営するなど,その独創的な経営戦略は私鉄経営の模範とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こばやしいちぞう【小林一三】

1873~1957) 実業家。山梨県生まれ。阪急電鉄・宝塚歌劇・東宝映画を創立。また、商工相・国務相などを歴任。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林一三
こばやしいちぞう
(1873―1957)

実業家。阪急、東宝などの創始者で、新機軸を導入して私鉄経営のモデルをつくった。山梨県出身。慶応義塾卒業後、三井銀行に入る。1907年(明治40)転じて箕面有馬(みのおありま)電気軌道(のち阪急急行電鉄)の創立に参画、専務となる。宅地開発、娯楽施設、百貨店などを電鉄経営に組み合わせるアイディアを採用し、路線を拡大して田舎(いなか)電車を屈指の電鉄会社に育てた。27年(昭和2)社長、34年会長に就任。宝塚の少女唱歌隊を宝塚少女歌劇団、阪急ビルのマーケットを阪急百貨店とする。32年東京宝塚劇場を設立し、日劇、帝劇を合併して有楽町に娯楽センターをつくり、映画事業にも進出して東宝を創立する。東京電燈(でんとう)の経営立て直しで評価され、33年社長となる。40年商工大臣、45年国務大臣兼戦災復興院総裁に就任。第二次世界大戦後は、東宝の再建を果たし、またコマ劇場を大阪・梅田と東京・新宿に設立した。[前田和利]
『小林一三全集編集委員会編『小林一三全集』全7巻(1961~62・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小林一三の言及

【少女歌劇】より


[宝塚歌劇団]
 1912年に白木屋呉服店が西野恵之助の提唱で少女歌劇団を結成,同店演芸場で歌劇《羽子板》を上演したのが少女歌劇のはじめといわれる。一方,大阪三越の少年音楽隊にヒントを得て箕面有馬(みのおありま)電気軌道株式会社(阪急電鉄の前身)の小林一三(いちぞう)が宝塚少女歌劇養成会を発足させ,14年に第1回公演を,宝塚新温泉プールを改造したパラダイス劇場で開いた。プログラムは桃太郎に取材した《ドンブラコ》《浮れ達磨(だるま)》《胡蝶(こちよう)》の3本立,第1期生には高峰妙子,雲井浪子ら16人がいた。…

【宝塚[市]】より

…宝塚の発展は1910年に箕面(みのお)有馬電気軌道(現,阪急電鉄宝塚線)の大阪梅田~宝塚間の開通に始まる。経営者小林一三は,乗客誘致策として宝塚に温泉と劇場を開設した。大正初期に宝塚少女唱歌隊(現,宝塚歌劇団)が誕生すると非常な人気を呼んだため,4000人収容の大劇場や宝塚音楽学校が次々に建設された。…

【東宝[株]】より

…演劇,映画,芸能の製作配給,興行会社。宝塚少女歌劇の東京公演のために,小林一三が1932年8月設立。34年東京宝塚劇場を開場した。…

【阪急電鉄[株]】より

…神戸高速鉄道に属する三宮~西代間も第二種鉄道事業として営業している。小林一三が創設した。1907年創立の箕面有馬(みのおありま)電気軌道が建設した宝塚線を最初とし,18年に阪神急行電鉄と改称して神戸線を開いた。…

※「小林一三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林一三の関連キーワード安宅弥吉生田和平高瀬梅吉田口精爾富田かね中富三郎西田周吉星一前原悠一郎森本仁平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林一三の関連情報