コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿河台 スルガダイ

百科事典マイペディアの解説

駿河台【するがだい】

東京都千代田区北部,神田駿河台地区。御茶ノ水の南に当たる。江戸時代神田山と呼ばれ,台地上には旗本屋敷が集まり,台地下には青物市場,古着市場が立った。現在は書店や病院が多く,明治大学をはじめとして文化学院,ニコライ堂,YWCAなどがある。
→関連項目神田神保町駿台雑話

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

するがだい【駿河台】

東京都千代田区北部の地名。JR御茶ノ水駅南の地区を指し,現在も神田駿河台1~4丁目の町名がある。武蔵野台地の一部である本郷台の南端部にあり,地名の由来は江戸時代初期に駿府(現,静岡市)詰めの武士を江戸に引き揚げ,ここに住まわせたことによる。それ以前は神田山と呼ばれた。南面する見晴しのよい台地で,旗本屋敷が多かった。明治以後この地区には多くの学校がつくられ,国立大学は他へ移転したが明治大学,日本大学,中央大学(1978転出)は長く残り,各種学校などとあわせて学生の街としてにぎわってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

するがだい【駿河台】

東京都千代田区神田の地名。山の手と下町の境界。家康の死後駿府詰めの武士が移り住んだのでこの名がある。ニコライ堂・明治大学などがある文教地区。駿台すんだい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕駿河台(するがだい)


東京都千代田区北部の地区。
江戸時代は旗本屋敷が多く、明治以降は明治大学など学校が多く建ち、文教地区となった。日本ハリストス正教会の本部ニコライ堂(東京復活大聖堂)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿河台
するがだい

神田駿河台」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駿河台
するがだい

東京都千代田区北端の地区。正式には神田(かんだ)駿河台という。山手(やまのて)台地の一部で、徳川家康の死後、家康に仕えていた駿府(すんぷ)(静岡市)詰めの武士がここに居住したことが地名の由来。家康が江戸に幕府を開いたころは神田山とよばれ、1603年(慶長8)、現在の日本橋、新橋地域などの埋立てにあたって、この台地を崩した土砂が使われた。本郷台との間の神田川は、1616年(元和2)外濠(そとぼり)の役割を兼ねて開削され、さらに1660年(万治3)仙台藩の工事により通船が可能となった。旗本屋敷地は、明治になって大学の用地に変わり、日本大学、明治大学、中央大学(現在は八王子市へ移転)などが建てられ学生の街となった。北東端にJR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線の御茶ノ水駅があり、東部に東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅がある。ニコライ堂(日本ハリストス正教会教団復活大聖堂)は1891年(明治24)イギリスのコンドルなどの設計により建てられたビザンティン式建築である。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の駿河台の言及

【神田】より

…1878年東京府15区,1932年東京市35区の一つとなり,47年麴町区と合併して現在の千代田区となった。武蔵野(山手)台地の一部である本郷台(駿河台を含む)の南端部を,西・南・東側の低地が取り囲むような地形をなす。この本郷台南部には人工的につくられた外堀(神田川)が横切り,その南側の台地部分は駿河台と呼ばれる。…

※「駿河台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

駿河台の関連キーワード静岡県御殿場市深沢狩野洞春(1)丸紅エネルギー駿台グループ山の上ホテルタケミヤ画廊久代 登喜男日本出版販売成簣堂文庫和田 英夫荒 憲治郎ヒルトップ鯨岡阿美子久代登喜男駿河台大学竹下守夫田原抱月森本和夫アーサー樫村清徳

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駿河台の関連情報