コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻出 ゲンシュツ

デジタル大辞泉の解説

げん‐しゅつ【幻出】

[名](スル)まぼろしのように現れること。また、ぼんやりと出現させること。
「こはわが…驚怖の―する所なるか」〈鴎外訳・即興詩人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしゅつ【幻出】

( 名 ) スル
まぼろしのように立ちあらわれること。 「好くも外の子供を糾合してあんな complot コンプロオの影を-することだと思つた/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幻出の関連キーワードテクノロジカル・アートまぼろし対偶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android