コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼児学校 ようじがっこうinfant school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼児学校
ようじがっこう
infant school

イギリスにおける幼児教育機関。産業革命後 R.オーウェンニューラナークに設けた幼児教育施設に端を発する。今日の幼児教育は 1944年教育法によって規定されている。5~7歳の子供を対象とする幼児学校は,保育学校 (2~4歳) の上,初級学校 (7~11歳) の下に初等学校の一部として位置づけられ,現在,教育・科学省の所轄となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の幼児学校の言及

【幼稚園】より

…その名のとおり,フレーベルの幼児教育は,〈遊びと作業〉を中心とする幼児の自己活動を重んじるものであった。これより先1816年,イギリスのR.オーエンが労働者の子女を対象として創設した幼児学校infant schoolをその起源とする見方もある。その後,フレーベル正統派に対し,とくにアメリカで自然尊重や自由遊戯重視の考えから幼稚園改革がすすめられた。…

※「幼児学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼児学校の関連キーワードカイザースウェルト施設ブルック・ファームオープン・スクールキンダーガルテンデーム・スクール初等教育保育所幼稚園

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幼児学校の関連情報