コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼児教育 ようじきょういくearly childhood education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼児教育
ようじきょういく
early childhood education

幼児期は身体運動の充実期であり,基本的生活習慣の自立するときでもあり,人格形成の基盤をつくる重要な時期である。したがってその教育にあたっては,知的教育に偏することなく,生活全般を通じてその発達を助長するために,好ましい経験を与えるとともに,よい文化財や教材を与えることを考えるべきである。幼児教育の場はまず家庭であるから,両親による教育を充実する必要がある。3~4歳以後は,同一年齢の友人との接触の機会を与え,徐々に集団生活を経験させることが望ましい。幼児教育施設には,幼稚園のほかに,家庭での保育に欠ける幼児を保育,教育する目的をもった保育所がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ようじ‐きょういく〔エウジケウイク〕【幼児教育】

幼児を対象とする教育。就学前教育

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

幼児教育【ようじきょういく】

小学校就学前の幼児を対象とする教育。就学前教育とも。近世以降コメニウスらによりその重要性が認識された。幼児期の特性に基づく性格形成,基本的な習慣の形成等を目的とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようじきょういく【幼児教育】

ふつう満1歳から小学校就学までの時期を幼児期といい,この時期の子どもを対象とした教育を幼児教育という。義務教育年齢である学齢以前の教育であるので〈就学前教育〉ともよばれる。幼児については児童福祉法(1947公布)の規定も同じであり,同法では1歳未満を乳児としている。乳児期は生活のすべてを両親はじめおとなに依存しなければならない時期である。これに対し1歳前後からひとり立ちし,まもなく二足歩行を始め,また特定音声と特定の対象や状況とを結びつけ,言葉を理解するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようじきょういく【幼児教育】

幼児に対する教育。幼稚園・保育所・家庭での教育など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幼児教育
ようじきょういく

幼児期を対象として行われる教育。幼児期は、満1歳から満4歳までの幼児前期と、満4歳から満7歳までの幼児後期とに大別され、幼児前期は家庭において生活しながら、親とくに母親によって教育されることが基本とされている。幼児後期においては、家庭での教育とともに、幼稚園や保育所など同年齢の幼児たちのなかで、幼児教育の専門家による教育を受けるようにすることが望ましいとされている。[岡田正章]

家庭での課題

幼児期の教育の重要性を、教育の歴史において強調し、明らかにしたのはフレーベルである。幼児期の教育においては、古今東西を通じて、家庭とくに母親によるものが重視され、なかでも基本的生活習慣の自立のための教育、すなわちしつけが大きな課題とされている。
 生涯教育の観点から、幼児期の教育課題をシカゴ大学教育学教授ハビガーストRobert J.Havigurst(1900―91)は次のようにあげ注目された。
(1)歩行の学習
(2)固形の食物をとることの学習
(3)話すことの学習
(4)排泄(はいせつ)の仕方を学ぶこと
(5)性の相違を知り性に対する慎しみを学ぶこと
(6)生理的安定を得ること
(7)社会や事物についての単純な概念を形成すること
(8)両親や兄弟姉妹や他人と情緒的に結び付くこと
(9)善悪を区別することの学習と良心を発達させること
 また、イギリスの児童精神衛生研究者のボウルビーJohn Mostyn Bowlby(1907―90)は、幼児期における母性的養育の重要性を論じ、幼児期に心身が健康に育つための家族とくに母親の役割が重大であるとした。幼児教育における母性的養育は、たとえば食物が単にカロリーやビタミンなどの栄養素が含まれていることだけで十分といえず、それを喜んで食べることが重要であると同様に、1日何時間母子の接触があったということだけでは十分でなく、お互い同士が接触を心から楽しむことが重要である。
 しかし、職業をもつ母親も多くなり、また自分の時間を自分のために楽しもうとすることのため、子供との接触を負担と感じている者、また、幼児期の子育てについて正しい知識・態度を修得していない者などが少なくない。現在ではとくに、家庭における幼児教育の役割の活性化が求められているが、その活性化のためには、母親だけでなく、父親が幼児期の子育てについて母親と協力し、その役割を果たすことが強く求められている。[岡田正章]

幼児教育の社会化

幼児は3歳を過ぎるころから、同年齢、または自分の年齢に近い年齢の子供と遊びたがるようになる。このために、幼稚園が設けられ、また、両親が共働きなどで家庭での保育が十分にできないケースの乳児・幼児に保育所が設けられ、それぞれにおいて幼児教育が行われている。
 親のなかには、幼稚園、保育所に対し、できるだけ早く読み・書き・計算などの学力の教育を望んだり、特定の技能・才能の早期教育を求めたりする人がいる。稽古(けいこ)事に通わせるのも、趣味・ゆとりのある生活を楽しむということでなく、幼児に早期の特訓を目ざすため、という場合である。しかし幼児期の教育は、幼稚園、保育所、家庭を通じて、自分の身の回りのことを自分で律する自立の心と態度を育てること、遊びを通して多方面への興味と関心を誘うこと、とくに同じくらいの年齢の友達との遊びにおいて、仲よくできたり、けんかをしたりしてさまざまな人間関係を体験するなかで、自己主張と自己抑制の力が育ち、自主、協調の望ましい社会性の基礎を形成することが基本命題である。
 幼児教育を社会化する場合において、1日何時間くらいが適切であるかについて定説があるわけではない。ロシア、中国などではすべての保育施設は1日8時間以上の保育を行っている。日本では、1987年(昭和62)に答申を出した臨時教育審議会は「幼児の発達段階や教育上の観点からは幼児教育の時間は基本的には4時間程度を目途にすることが適切であると考えられている」としている。しかし、乳幼児をもつ母親で就労している人がかなりの数に上っている。この人たちのために1日8時間以上の保育が保育所で行われている。この家庭に対し、親が働きながらゆとりのある気持ちで家庭での子育てが行えるよう、91年(平成3)育児休業法(育児休業等に関する法律。95年より育児・介護休業法)が施行され、父親・母親のいずれであっても生後1年間育児休業をとることができるようになった。また、小学校就学までの幼児のために労働時間を短縮することができるよう、事業主が努力しなければならないこととなった。このためには、国民が等しく、事業主・労働者がともに、乳幼児をもつ親たちによる家庭での幼児教育が、幼稚園、保育所での幼児教育とともに、車の両輪のように充実したものでなければならないということを、厳しく認識し、その実現を期すことが肝要である。[岡田正章]
『山下俊郎著『保育学概説』(1972・恒星社厚生閣) ▽全日本私立幼稚園連合会編『21世紀を展望した幼児教育への提言』(1995・ひかりのくに) ▽日本保育学会編『わが国における保育の課題と展望――日本保育学会50周年記念出版』(1997・世界文化社) ▽日本保育学会編『諸外国における保育の現状と課題――日本保育学会50周年記念出版』(1997・世界文化社) ▽鈴木佐喜子著『現代の子育て・母子関係と保育』(1999・ひとなる書房) ▽岡田正章編『保育原理』第2版(2000・酒井書店、育英堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の幼児教育の言及

【保育】より

…乳幼児の人間的発達にとっては,適切な食事,排泄,睡眠という基本的活動や遊びなどを含む生活全体が,両親はじめおとなたちの保護と配慮の下におかれる必要があり,この保護・配慮が保育にほかならない。しかし,この語の使用法は実際にはあいまいであり,幼稚園で保育というときには幼児教育とほぼ同義である。一方,保育は福祉に限り教育とは別であるとの考えに立つ用法もある。…

※「幼児教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼児教育の関連キーワードマーガレット・エリーザベス アームストロングクローウェル・コリア・マクミランソーシャルスキルトレーニングレインボーインターナショナルアンニー・ライオン ハウ幼稚園就園奨励費補助金インファントスクールグラスホッパー物語テクノシステムズビルマ エスピン幼児教育史学会森のようちえんソフィア大学白鳥 義三郎ダルクローズモンテッソリ松野 クララ駒井 健一郎野口 幽香倉橋 惣三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幼児教育の関連情報