コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼児結婚 ようじけっこん child marriage

1件 の用語解説(幼児結婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼児結婚
ようじけっこん
child marriage

童婚ともいう。幼女のうちに嫁入り行われる慣行。インドヒンドゥー教徒の幼児結婚はその代表的なもので,誕生まもない者から 10歳くらいまでの幼女が結婚して夫の家に移る。幼児期から夫の家の一員となることにより,その家の生活様式を学んで成長するので,強固な父系制をとるヒンドゥー教徒社会にとっては好都合であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幼児結婚の関連キーワード婿入り婚嫁入り道具狐の嫁入り葬輿嫁入り幼女嫁入り嫁入り前嫁入り時嫁入婚成功裏のうちに

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone