コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島菜漬け ひろしまなづけ

1件 の用語解説(広島菜漬けの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひろしまなづけ【広島菜漬け】


広島特産の漬物で、広島菜(ひろしまな)を塩で下漬けし、麹・塩・昆布などで本漬けしたもの。広島菜はアブラナ科の野菜で不結球型はくさいの一品種。そのまま食べるほか、雑炊やチャーハンの具にしたり、にぎり飯に巻いたりする。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島菜漬けの関連キーワード北広島広島薬缶広島菜ひろしま駅ビル ASSE広島パルコ広島三越広島[町]広島〈市〉広島〈町〉ヒロシマナ(広島菜)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島菜漬けの関連情報