ひろしま(読み)ヒロシマ

デジタル大辞泉「ひろしま」の解説

ひろしま[書名]

ヒロシマ土門拳の写真集。広島の町や原爆被害者たちを捉えたもの。昭和33年(1958)に刊行され、国内だけでなく海外でも話題となる。第4回毎日写真賞、第2回日本写真批評家協会作家賞を受賞。昭和35年(1960)には東ベルリンの国際報道写真展で金賞を受賞した。
(HIROSHIMA)小田実の長編小説。昭和56年(1981)刊。太平洋戦争捕虜となり、広島で被爆した米国人を主人公に、加害・被害の交錯する現代史の闇を描く。英訳もされ、昭和63年(1988)アジア‐アフリカ作家会議のロータス賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android