コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島菜 ヒロシマナ

デジタル大辞泉の解説

ひろしま‐な【広島菜】

ハクサイの一品種。葉は大きく、漬け物にする。広島市を流れる太田川流域を中心に栽培される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

広島菜

広島県で生産される葉物野菜。半結球型のアブラナ科の漬け菜。江戸時代本願寺に参詣した人が京菜の種を持ち帰ったというと、明治初期に株を持ち帰ったという説がある。1933年の産業博覧会での展示をきっかけに命名されたといわれている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

広島菜[葉茎菜類]
ひろしまな

中国地方、広島県の地域ブランド。
主に広島市で生産されている。慶長年間(1596年〜1615年)、広島市西区観音の住人京都から種を持ち返ったのが栽培の始まりという。その後、大阪で営業していた広島牡蠣船で供されたことから有名になった。現在の種の原型は、明治時代育種されたもの。葉は濃い緑色で、幅広く肉厚、歯切れが良い。広島菜漬けに使用される。京都から導入したことから京菜、また、茎の形状から平茎とも呼ばれる。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

広島菜の関連キーワード広島(市)広島(県)中国地方広島平野ハクサイ地野菜佐東漬物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島菜の関連情報