底を割る(読み)ソコヲワル

デジタル大辞泉の解説

底(そこ)を割・る

本心を打ち明ける。腹を割る。「―・って話し合う」
相場が底値と思われたところからさらに下がる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そこをわる【底を割る】

隠し事をしない。心の底を明かす。 「 - ・って話す」
取引で、底値と考えられていた値よりさらに下がる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そこ【底】 を 割(わ)

① 腹のを見せる。心中などを明らかにする。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉一九「自分も嫌はれてゐるのだと断言した。〈略〉底を割ると、却って其逆を考へてゐた」
相場が底値よりもなお下がる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android