本心(読み)ほんしん

精選版 日本国語大辞典「本心」の解説

ほん‐しん【本心】

〘名〙 (古くは「ほんじん」とも)
① 本来もっている正しい心。まごころ。良心。
※将門記(940頃か)「彼の女の本心を試みむが為に」 〔孟子‐告子・上〕
② たしかな心。正気。本性。
※康頼宝物集(1179頃)下「酒に酔て本心を失へるに」
③ うわべだけでない本当の心。真実の気持。
※古文真宝桂林抄(1485頃)坤「己れが私を去けて己は我私欲にかって視処で久して本心が露るるぞ」
④ 本来の性質。うまれつき。もちまえ。
浄瑠璃信州川中島合戦(1721)三「本心曲がった釣針に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本心」の解説

ほん‐しん【本心】

《「ほんじん」とも》
本当の心。真実の気持ち。「本心を打ち明ける」
本来あるべき正しい心。良心。「本心に返る」
たしかな心。正気。「酔って本心を失う」
本来の性質。うまれつき。
「—曲がった釣針に」〈川中島
[類語]真意本意本音下心魂胆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android