コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本心 ホンシン

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しん【本心】

《「ほんじん」とも》
本当の心。真実の気持ち。「本心を打ち明ける」
本来あるべき正しい心。良心。「本心に返る」
たしかな心。正気。「酔って本心を失う」
本来の性質。うまれつき。
「―曲がった釣針に」〈浄・川中島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしん【本心】

いつわり飾らない心。表面にあらわれていない、その人の本当の気持ち。 「 -を明かす」 「 -から憎んでいるのではない」
本来の正しい心。良心。 「悔いて-に立ち返る」
〔「ほんじん」とも〕 正気。 「 -ヲウシナウ/日葡」
生まれつき。本性。 「 -曲つた釣針に/浄瑠璃・信州川中島」 → 真意(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本心の関連キーワード眉毛を読まれる腸が見え透く心にもない口裏を引く仮面を脱ぐ口は心の門梅田杢之丞鎌を掛ける仮面を被る口占・口裏我に返る底を割る自己欺瞞心を開く見え見え心裡留保眉を読む心形刀流腹を割る冗談半分

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本心の関連情報