延久の荘園整理令(読み)えんきゅうのしょうえんせいりれい

旺文社日本史事典 三訂版の解説

平安末期,後三条天皇治世期に出された荘園整理
1069(延久元)年,藤原氏専権の経済基盤である荘園を整理し,その抑制と天皇権力および国家財政の強化をはかったもの。'45(寛徳2)年以降の新立荘園,それ以前でも証拠文書のない荘園で,国務に妨げある荘園を没収した。荘園整理のため記録荘園券契所が設けられた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android