荘園整理(読み)しょうえんせいり

百科事典マイペディアの解説

荘園整理【しょうえんせいり】

平安後期,荘園の増加を抑制するために政府の行った施策。そのための法令を荘園整理令という。醍醐天皇の治世下,藤原時平を首班とする政府が902年に発した延喜(えんぎ)の荘園整理令が最初で,勅旨田(ちょくしでん)の抑制をはじめ貴族の山野・閑地の占有を禁止したが,荘園そのものを禁じたのではなく,かえって荘園が公認される結果となった。次いで984年,さらに1040年,1045年,1055年と,特に藤原頼通(よりみち)の時代に,たびたび整理が行われたが,荘園の増加はやまなかった。1069年,後三条天皇延久(えんきゅう)の荘園整理令を発し,記録荘園券契所(けんけいじょ)を設け,貴族・寺院から荘園文書を提出させ,広い範囲で整理を行った。以後の荘園整理は,むしろ公領と荘園の分野を明らかにすることに主眼がおかれ,荘園整理は行われなくなった。
→関連項目茜部荘延喜・天暦の治大井荘大山荘寛喜新制記録所黒田荘国免荘後三条天皇新制保元新制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android