寛徳(読み)カントク

日本の元号がわかる事典の解説

かんとく【寛徳】

日本の元号(年号)。平安時代の1044年から1046年まで、後朱雀(ごすざく)天皇、後冷泉(ごれいぜい)天皇の代の元号。前元号は長久(ちょうきゅう)。次元号は永承(えいしょう)。1044年(長久5)11月24日改元。疾疫や旱魃(かんばつ)の災危を断ち切るために行われた(災異改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。1045年(寛徳2)1月16日、病により後朱雀天皇後冷泉天皇譲位、2日後の18日に崩御した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐とく クヮン‥【寛徳】

[1] 〘名〙 寛大な徳。広い心。
※信長記(1622)一上「抜関斎は寛徳(クントク)ふかき人にて」
[2] 平安後期、後朱雀・後冷泉両天皇の代の年号。長久五年(一〇四四)一一月二四日干害と疫病により改元。寛徳二年一月以降は後冷泉天皇。寛徳三年四月一四日永承(えいしょう)と改元。関白藤原頼道の時代。出典は「後漢書」の「上下歓欣、人懐寛徳

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android