延年之舞(読み)えんねんのまい

世界大百科事典 第2版の解説

えんねんのまい【延年之舞】

(1)延年に演じられる舞。(2)能《安宅(あたか)》の小書(こがき)(変型演出の名)。弁慶の舞う〈男舞〉の一部分に〈延年ノ手〉が(はや)され,舞い手もそこでは,掛け声をかけたり飛び上がったり抜き足をしたりするが,流派によって違いがある。【横道 万里雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android