コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男舞 おとこまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男舞
おとこまい

(1) 能の舞事の名称。直面 (ひためん) の男,主として武士が舞う舞。笛,大鼓,小鼓が囃すテンポの速い壮快な舞である。破掛り,達拝 (たっぱい) 掛り,山伏掛りの3種がある。 (2) 白拍子の舞の名称。中世の白拍子は白の水干 (すいかん) ,烏帽子に太刀を帯びた男姿であったためにこの称がある。 (3) 近世初期歌舞伎において白拍子姿の流れをくみ,金烏帽子に派手な小袖の片肌を脱ぎ,背に御幣を差して舞った舞をいい,のちの歌舞伎に受継がれ,長唄『三幅対和歌姿絵 (さんぷくついうたのすがたえ) 』『倣三升四季俳優 (まねてみますしきのわざおぎ) 』のうち『男舞の神楽歌』 (常磐津) が今日に残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐まい〔をとこまひ〕【男舞】

中世、白拍子(しらびょうし)が、白い水干(すいかん)立烏帽子(たてえぼし)白鞘巻(しろさやまき)の太刀という男装で舞ったという舞。
で、直面(ひためん)の男が舞う勇壮な舞。また、そのときの囃子(はやし)
歌舞伎舞踊で、白拍子の男舞の手を取り入れた踊り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おとこまい【男舞】

(1)平安時代末期から鎌倉時代にかけて流行した白拍子(しらびようし)舞の別名。水干に立烏帽子白鞘巻の太刀という男装束で主に高級遊女が舞った。(2)歌舞伎舞踊の一種。白拍子姿を模す拍子舞。若衆歌舞伎で型がつくられ人気があった。大小の舞もその一つで,金の立烏帽子に振袖,水干を羽織り太刀をはき背に大御幣をさす姿が特徴。のち変化舞踊などの一曲として舞われた。(3)能の舞事の一種。直面(ひためん)の男のテンポの速い勇壮な舞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おとこまい【男舞】

平安末期から鎌倉初期に流行した、舞女が男装して舞った舞。鳥羽天皇のときに白拍子しらびようしが始めたという。烏帽子えぼし・水干に太刀を帯びて舞う。
能で、直面ひためんの男が舞う舞。笛と大・小鼓によるテンポの速い壮快な舞。
中世の白拍子が男装して舞った姿を、歌舞伎の所作事に取り入れたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の男舞の言及

【舞事】より

…能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈楽(がく)〉〈神楽(かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。〈序ノ舞〉は女体,老体などの役が物静かに舞うもので,《井筒》《江口》《定家》などの大小物と《小塩(おしお)》《羽衣》などの太鼓物がある。…

※「男舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

男舞の関連キーワード八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲藤蔭 静枝(初代)杵屋 正邦鬼次拍子舞吉村雄輝能の用語日本舞踊延年之舞鳥羽天皇鈴太鼓踊現在物小督物磯禅師呂中干所作事カカリ正歳綾切男物蘆刈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男舞の関連情報