コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廷臣論 ていしんろんIl cortegiano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廷臣論
ていしんろん
Il cortegiano

イタリアの作家バルダッサーレ・カスティリオーネの著書。4巻。1513~18年執筆,1528年刊。16世紀の宮廷に仕える廷臣と貴女の模範像とその心得,君主臣下の関係を問答形式で記したもので,しばしば主君の模範像を規定したマキアベリの『君主論』と比較される。16世紀の最も著名な書物の一つであり,イタリア国内はもとよりスペイン,フランス,イギリスの文学および宮廷生活に多大な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

廷臣論の関連キーワードボスカン・アルモガベルルネサンス史(年表)イタリア文学ホービー