コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臣下 シンカ

デジタル大辞泉の解説

しん‐か【臣下】

君主に仕える者。家来

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんか【臣下 Der Untertan】

ハインリヒ・マンの長編三部作《帝国》の第1部で,1911年から雑誌に逐次発表され,14年第1次世界大戦の勃発直前に完成した(これに《貧しき人びと》《頭》が続く)。この作品のドイツ帝国批判はきわめてきびしく,出版社は開戦当初の愛国的熱狂をおもんばかって,単行本の刊行を控えたほどだったが,18年刊行されるやたちまち10万部も売れた。三部作の第1部は,主人公ディーデリヒ・ヘスリングが少年時代,ベルリンでの学生時代を経て故郷の都市で家長となり工場の総支配人になるまでの時期を描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんか【臣下】

君主に仕える者。けらい。臣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臣下
しんか
Der Untertan

ドイツの作家ハインリヒ・マンの小説。1914年に完成、週刊誌『ツァイト・イム・ビルト』での連載が第一次世界大戦開始で中止され、18年に単行本で出版されて大反響をよぶ。製紙工場主の息子が主人公。幼時父から体罰を受けると、強い者への服従の実感にむしろ喜びを感じる彼は、学生時代からウィルヘルム2世の熱狂的賛美者となり、父の事業を継ぐと、国粋主義の波にのって企業拡大と地方都市での政界への進出を図る。権力への服従によって、権力の分け前にあずかろうとし、弱者を犠牲にするこの「臣下」の行動と心理が、鋭い戯画化で描かれる。トゥホルスキーはこの書を「ドイツ人の標本」と絶賛した。[長橋芙美子]
『小栗浩訳「臣下」(『世界文学全集45 H・マン』所収・1967・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

臣下の関連キーワード君君たり臣臣たり位人臣を極めるハインリヒ相伝譜代乱臣賊子下臣謀臣臣服柄臣形名儒臣群臣臣位小臣佞臣属車藩籍勅答私門乱臣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臣下の関連情報