コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臣下 シンカ

4件 の用語解説(臣下の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐か【臣下】

君主に仕える者。家来。臣。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんか【臣下 Der Untertan】

ハインリヒ・マンの長編三部作《帝国》の第1部で,1911年から雑誌に逐次発表され,14年第1次世界大戦の勃発直前に完成した(これに《貧しき人びと》《頭》が続く)。この作品のドイツ帝国批判はきわめてきびしく,出版社は開戦当初の愛国的熱狂をおもんばかって,単行本の刊行を控えたほどだったが,18年刊行されるやたちまち10万部も売れた。三部作の第1部は,主人公ディーデリヒ・ヘスリングが少年時代ベルリンでの学生時代を経て故郷の都市で家長となり工場の総支配人になるまでの時期を描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんか【臣下】

君主に仕える者。けらい。臣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臣下
しんか
Der Untertan

ドイツの作家ハインリヒ・マンの小説。1914年に完成、週刊誌『ツァイト・イム・ビルト』での連載が第一次世界大戦開始で中止され、18年に単行本で出版されて大反響をよぶ。製紙工場主の息子が主人公。幼時父から体罰を受けると、強い者への服従の実感にむしろ喜びを感じる彼は、学生時代からウィルヘルム2世の熱狂的賛美者となり、父の事業を継ぐと、国粋主義の波にのって企業拡大と地方都市での政界への進出を図る。権力への服従によって、権力の分け前にあずかろうとし、弱者を犠牲にするこの「臣下」の行動と心理が、鋭い戯画化で描かれる。トゥホルスキーはこの書を「ドイツ人の標本」と絶賛した。[長橋芙美子]
『小栗浩訳「臣下」(『世界文学全集45 H・マン』所収・1967・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臣下の関連キーワードハイペリオン荒れた岸辺クタスグリーン・マーズケスリスゴールド・コーストティーターンハイペリオンの没落ブルー・マーズレッド・マーズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臣下の関連情報