建安府(読み)けんあんふ

大辞林 第三版の解説

けんあんふ【建安府】

もと皇居吹上御苑内にあった一府。日露戦争戦没将兵の名簿・写真・武器および戦利品などを収めていた。第二次大戦後廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんあん‐ふ【建安府】

皇居内にあった御府(ぎょふ)の一つ。明治天皇の意思により日露戦争関係の戦没殉難者の写真、氏名録、武器などを納め、吹上御苑内に創設。昭和二一年(一九四六)解体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android