コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建米 たてまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建米
たてまい

夜越米ともいわれ,立米,竪米とも書く。江戸時代,大坂堂島の帳合米商内 (ちょうあいまいあきない) の取引で,当日中に転売買戻しはしない米。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たて‐まい【建米】

江戸時代の帳合米(ちょうあいまい)取引で、その日のうちに転売・買い戻しを行わない米。夜越米(よこしまい)。
第二次大戦前の米穀取引所で、取引の標準とした米。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たてまい【建米】

江戸時代、帳合い米の取引で、当日中に転売や買い戻しをしないもの。
旧制の米穀取引所の標準米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

建米の関連キーワード帳合米筑前国標準米旧制

建米の関連情報