米穀取引所(読み)ベイコクトリヒキジョ

百科事典マイペディアの解説

米穀取引所【べいこくとりひきじょ】

米の先物取引を行う場所。江戸時代に始まり明治初期に中絶するが,正米市場(実物取引のみ)だけでは支障が多く1876年米商会所として再開,1893年取引所法により米穀取引所として整備。一時100余を数えたが,1935年に20ヵ所。1939年米穀配給統制法施行で廃止となった。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べいこくとりひきじょ【米穀取引所】

米の先物取引を行う場所で,主として投機的取引を行う市場であるが,現物取引もできることになっている。その役割は,米の流通を円滑迅速にし,米価の適正を保つことにある。その起源は江戸時代に始まる。すなわち,米は国民の常食にされ,かつ当時は租税を米で納めることを原則としていたので,米の豊凶,価格の高低は国民の生活に重大な影響をもっていたにもかかわらず,当時は交通その他文化の程度が低かったので,需給関係,集散状態に著しい変化があり,そのために米価の変動もはなはだしく,投機取引の対象としての性格をもっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

べいこくとりひきじょ【米穀取引所】

米の先物取引を行う商品取引所。食糧管理制度の制定により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米穀取引所
べいこくとりひきじょ
rice exchange

米の先物取引をする取引所。米を円滑・敏速に流通させ、米価を適正に形成・維持することを目的とした。主として投機的取引が行われたが、実物取引も可能であった。その起源は江戸時代にさかのぼるが、食糧管理体制になり、1939年(昭和14)米穀配給統制法の施行により廃止された。江戸時代後半以降、米は国民の常食となったが、生産・流通が不安定なため、米価の変動は甚だしく、米は米商人の投機取引の対象でもあった。明治政府は米の投機取引を禁止し、純然たる現物取引のみを行わせる正米(しょうまい)取引市場に限ったが、米商人の経営上支障が生じたため、1876年(明治9)の米商会所(べいしょうかいしょ)条例により投機市場を認めた。その後、1893年、取引所法により米穀取引所としての組織が確立し、全国的規模でその役割を果たすようになり、この段階で近代的取引所の姿を整えた。
 食糧管理法の改正(1981年)により、1993年(平成5)以降、自主流通米価格形成機構(後の自主流通米価格形成センター。現全国米穀取引・価格形成センター)による入札制度が行われるようになった。さらに1994年には米の流通の自由化を目的として、食糧管理制度が廃止され、食糧法が制定されたが、米の価格は前述の入札制度によって決められた価格を基準に取引きされており、取引所の再現はまだ行われていない。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

べいこく‐とりひきじょ【米穀取引所】

〘名〙 米を売買物件とする商品取引所。米商会所に代わって、明治二六年(一八九三)に公布された取引所法に基づいて設立された。大阪の堂島ほか全国に十数か所あった。昭和一四年(一九三九)米穀配給統制法の施行により廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android