帳合米商内(読み)ちょうあいまいあきない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帳合米商内
ちょうあいまいあきない

江戸時代の米市場で行われた取引方法の一つ。仲買人が自分の見込み,あるいは客の注文で空米の売買を行い差額を入手するもので,売買は一定期日内に帳簿上で決算され,正米取引と違って実際の米の受渡しはなかった。享保 15 (1730) 年幕府は合法的取引として公認したので大坂をはじめ江戸,大津,桑名,赤間関 (下関) などで広く行われた。 (→堂島米市場 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android