コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建造物等損壊及び同致死傷罪 ケンゾウブツトウソンカイオヨビドウチシショウザイ

デジタル大辞泉の解説

けんぞうぶつとうそんかいおよびどうちししょう‐ざい〔ケンザウブツトウソンクワイおよびドウチシシヤウ‐〕【建造物等損壊及び同致死傷罪】

他人が所有する建造物や船舶を壊す罪。刑法第260条が禁じ、5年以下の懲役に処せられる。また、これによって人を死傷させた場合は、通常の傷害罪などより重い刑が科せられる。建造物等損壊罪建造物損壊罪建造物損壊致死傷罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

建造物等損壊及び同致死傷罪の関連キーワード器物損壊等罪

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android