コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄山 ろうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弄山
ろうざん

[生]享保3(1718)
[没]安永6(1777).9. 江戸
江戸時代中期の伊勢桑名の陶工。万古焼 (ばんこやき) の創始者。姓は沼浪,名は重長,通称五左衛門。弄山,寸方斎と号した。元文年間 (1736~41) から桑名小向村で万古焼を始め,のち江戸へ出て開窯し将軍家の御用をつとめた。伊勢安東焼の創始者瑞牙 (ずいが) はその弟または弟子。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

弄山の関連キーワード三重県桑名市新町四日市萬古焼桑名萬古焼佐藤久米蔵安達新兵衛沼波弄山森有節古万古

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弄山の関連情報