コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄山 ろうざん

1件 の用語解説(弄山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弄山
ろうざん

[生]享保3(1718)
[没]安永6(1777).9. 江戸
江戸時代中期の伊勢桑名の陶工。万古焼 (ばんこやき) の創始者。姓は沼浪,名は重長,通称五左衛門。弄山,寸方斎と号した。元文年間 (1736~41) から桑名小向村で万古焼を始め,のち江戸へ出て開窯し将軍家の御用をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弄山の関連キーワード進藤長房梅溪英通三室戸資順松木因彦三角数秋田延季伊達宗村二条宗煕堀直寛松平乗富

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弄山の関連情報