コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄山 ろうざん

1件 の用語解説(弄山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弄山
ろうざん

[生]享保3(1718)
[没]安永6(1777).9. 江戸
江戸時代中期の伊勢桑名の陶工。万古焼 (ばんこやき) の創始者。姓は沼浪,名は重長,通称五左衛門。弄山,寸方斎と号した。元文年間 (1736~41) から桑名小向村で万古焼を始め,のち江戸へ出て開窯し将軍家の御用をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

弄山の関連キーワード安保理決議1695と1718国連安保理決議と議長声明カール[12世]カール核実験と制裁エリゼ宮カール鎌倉三代記呉歴慈雲

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弄山の関連情報