弓の天下(読み)ゆみのてんか

  • の 天下(てんか)
  • ゆみ

精選版 日本国語大辞典の解説

京都三十三間堂の通し矢で、矢数を最も多く射た者の称。
※随筆・翁草(1791)二「其道の達者、追々に先輩の通矢を射越して是を総一と号す。世の諺には、弓の天下と呼ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android