コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達者 タッシャ

デジタル大辞泉の解説

たっ‐しゃ【達者】

[名]学問・技芸などの道に熟達している人。達人。「馬術の達者
[形動][文][ナリ]
物事に慣れていて、巧みなさま。「計算が達者だ」「口が達者だ」「達者な芸」
からだが丈夫で健康なさま。「達者に暮らしている」「足腰が達者だ」
うまく立ちまわって抜け目のないさま。したたかであるさま。「金儲(もう)けにかけては達者なやつだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たっしゃ【達者】

( 名 )
ある道をきわめた人。達人。 「弓の-」
( 形動 ) [文] ナリ 
ある事に熟達しているさま。上手であるさま。 「英語が-だ」 「口の-なやつ」 「 -な筆づかい」
体の各部の働きが優れているさま。また、体に悪いところがなくしっかりしているさま。 「年はとっても目は-だ」 「祖母は-にしております」 〔「お達者で」などの形で、目上の人に対して別れの際の挨拶の言葉として用いられる〕
物事をするのにしたたかで抜け目のないさま。 「その方面にかけては-な男」 〔類義の語に「丈夫」があるが、「丈夫」は病気になりにくく体が頑丈である意を表す。それに対して「達者」は体がしっかりしていることをいい、「丈夫」に比べてやや古風で、多く年輩者についていう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

達者の関連キーワード鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずジョイス ヴァン・パタン青森県三戸郡南部町平口から先に生まれる検番芸者・検番藝者新潟県佐渡市達者口も八丁手も八丁手八丁口八丁竹に油を塗る口八丁手八丁口が減らない捻くり回す鳥獣戯画口を利く屁っ放り舌が回る生き御霊平山豊後口舌の徒口賢し

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

達者の関連情報