矢数(読み)ヤカズ

大辞林 第三版の解説

やかず【矢数】

射た矢の数。また、的を射て当たった矢の数。
一定の時間内にできるだけ多くの矢を射て、その数を競うこと。特に、近世、京都三十三間堂で行われた通し矢などの競技。 → 大矢数
矢数俳諧やかずはいかいに同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢数の関連情報