総一(読み)そういち

精選版 日本国語大辞典「総一」の解説

そう‐いち【総一】

〘名〙
① すべての中で一位のもの。第一。
※幸若・笛巻(室町末‐近世初)「抑文珠と申は、じゃうるりじゃうどの其中に、はったいぼさつのそういちなり」
② 近世、京都および江戸の三十三間堂で行なわれた大矢数で、通矢(とおしや)の数が先人の記録を越えた者の称。「弓の天下」「天下一」などともいい、堂内にその額がかかげられた。〔随筆・翁草(1791)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android