コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っきり/挽っ切り ヒッキリ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐きり【引っきり/×挽っ切り】

のこぎりでひいて切ること。
歯の細かく幅の狭いのこぎり。
きれめ。
「―の無い人通りも」〈鏡花・日本橋〉
女性をののしる言葉。ひっきれ。
「付け上がったる―め」〈浄・布引滝
《賭博用語からという》本職に対して、余技。内職。
「―に芝居をつける花もよひ」〈川柳評万句合〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引っきり/挽っ切りの関連キーワード余技

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android