コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源平布引滝 げんぺいぬのびきのたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源平布引滝
げんぺいぬのびきのたき

浄瑠璃。時代物。5段。並木千柳 (→並木宗輔 ) ,三好松洛作。寛延2 (1749) 年大坂竹本座初演。享保 18 (33) 年大坂角の芝居の同名歌舞伎 (水狂言) の影響下に成立。源平の争いを背景に,源義朝の弟義賢の死や,白髪を染めて出陣した斉藤実盛最期木曾義仲の誕生を描いた作品。義賢は,兄義朝を討ち後白河院を鳥羽に幽閉した平清盛に反抗して自害をする。その御台所・葵御前が近江の国の九郎助の家にかくまわれ,平家の侍斎藤実盛の情けにより,無事駒王丸 (義仲) を出産する3段目「九郎助住家」 (実盛物語,綿繰馬) が中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんぺいぬのびきのたき【源平布引滝】

人形浄瑠璃。時代物。5段。正本の作者署名は並木千柳(並木宗輔),三好松洛。番付には作者竹田外記の名も加わる。1749年(寛延2)11月大坂竹本座初演。三段目切は2世政太夫,実盛の人形は初世吉田文三郎初演。《平家物語》を題材とする人形浄瑠璃の代表作の一つ。《源平布引滝》の外題は,すでに1733年(享保18)大坂嵐三右衛門座で演じられているが,本作との内容的つながりは不詳。二段目切〈義賢最期〉には,立作者並木千柳が歌舞伎作者時代に書いた《大門口鎧襲(よろいがさね)》(1743)における初世沢村宗十郎の斎藤庄九郎の芸が採り入れられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんぺいぬのびきのたき【源平布引滝】

人形浄瑠璃の一。時代物。並木千柳(宗輔)・三好松洛の合作。1749年初演。通称「布引滝」。木曽義賢の最期、義仲の生い立ち、多田蔵人の後白河院救出などを描く。三段目の「実盛物語」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源平布引滝
げんぺいぬのびきのたき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。並木千柳(せんりゅう)、三好松洛(しょうらく)作。1749年(寛延2)11月、大坂・竹本座初演。『源平盛衰記』などに取材して、源義朝(よしとも)の滅亡後、その弟木曽先生義賢(きそのせんじょうよしかた)の遺児駒王丸(こまおうまる)が成人して木曽義仲(よしなか)となり、多田行綱(ただゆきつな)の加勢によって再挙するまでを脚色。題名は、摂州(兵庫県)布引滝に平家滅亡の神託が現れる話(初段)に由来する。二段目(義賢最期)は、清盛の追っ手に囲まれた義賢が、奴折平(やっこおりへい)実は多田行綱に後事を託し、その女房小万(こまん)に源氏の白旗を預けて自刃するまで。三段目は小万が琵琶(びわ)湖を泳いで渡る途中、平家の船にみつけられるが、源氏にゆかりの斎藤実盛(さねもり)が小万の腕を旗ぐるみ切り落とす「湖上御座船(ござぶね)」のあと、有名な「九郎助(くろすけ)住家」になる。義賢の妻葵(あおい)御前が懐妊の身を小万の養父百姓九郎助にかくまわれていると、実盛と敵役(かたきやく)の瀬尾(せのお)十郎が詮議(せんぎ)にくるが、実盛は誕生の駒王丸を機知によって見逃してやり、死んだ小万を実のわが子と知った瀬尾は、わざと孫の太郎吉に討たれる。捌(さば)き役の実盛が小万を切った事情を、朗々たる台詞(せりふ)回しと美しい型にのせて表現するところが眼目なので「実盛物語」ともよばれ、歌舞伎(かぶき)でも人気のある演目。なお四段目には、行綱が琵琶法師松波検校(まつなみけんぎょう)となって平家をねらい、娘小桜(こざくら)が責められるのを耐えつつ琵琶を弾ずる「松波琵琶」がある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の源平布引滝の言及

【実盛】より

…前ジテを幽霊めかして人の目に見えないように書いたのは,そうしたうわさ話が当時実在したためのようだが,能としては珍しい。人形浄瑠璃《源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)》の原拠。【横道 万里雄】。…

※「源平布引滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

源平布引滝の関連キーワード坂東 三津五郎(8代目)竹本 越路太夫(4代目)源平合戦物豊竹若太夫竹生島物そうすけ布引の三小万

源平布引滝の関連情報